緑の季節

2017/11/06

松の花の咲くころ
E-1 ZD14-54mm/F2.8-3.5(トリミング)

新緑の季節がやってきました。
この辺りではやや遅いのでしょうか?
黒松の花だと思うのですがこんなの見つけました。松の花には雄花と雌花があるそうです。
これは紫の小さな実(?)のような花を付けています。雌花のようです。
私もあまりまじまじと見た事はありませんでしたが、今まではあまり撮影した事がなかった植物の撮影を始め、しっかりと眺めたのは初めてです。
緑の中の紫は映えます。

芽吹き
E-1 ZD14-54mm/F2.8-3.5(トリミング)

この新緑の季節、私は大好きです。
新しい芽の息吹というのは。何かしら生命の誕生を感じます。
花が咲くころも良いのですが、私はこの芽吹く季節の方が好きです。
若々しい“みどり色”には生きる力強さや、希望を感じます。


新緑の頃
E-1 ZD14-54mm/F2.8-3.5

紅葉のもみじも好きですが、今はやはり緑色の小さな葉っぱが印象的です。
ちょっぴり赤みを帯びたもみじの葉っぱを見つけました。
梅雨の季節がきてそして夏が来て、秋には深紅の鮮やかな紅葉が目の前に広がる事でしょう。
これから成長していく緑の子供達は、いろいろな季節を乗り越えて、たくましく成長していくのでしょうね。
自分たちも成長しているのかな?なんて疑問に思ったりして・・・
自分の成長って何だろう??と、考えていると、こんな事してて良いのかなあ?って、疑問に思ってしまったりして・・・。やっぱ年かなぁ?